ゴルフ劇的上達!
ブッ飛び!ドライバー




2008年03月24日

悲しい出来事




実は私、1ヶ月ぐらい前に家内から加齢臭を指摘されました。

もともと体臭など気にした事が無かったので

人一倍ショックでした。


加齢臭について、いろいろ調べてみると、どうやら40歳を境に

発生するニオイで、結構急激に出てくるみたいです。


私自身は気が付いていなかったのですが、私の小さな書斎(?)

中に立ち込めるニオイだったようです。


知らず知らずの間に家内には不快感を与えていたようで

本当に自己嫌悪に陥りました。


でも、今は加齢臭も解消できるのですね。

時代は進んだものです!


インターネットで調べて

「無臭物語ジェントルエッセンス」というサプリメントを

試して見ました。


内面から改善したほうがいいかな?と思って・・・

だまされたつもりで使用してみたのですが、

それがビックリ!!


家内によると

1週間くらいでニオイがすっきり消えたそうなのです!


週刊ポストや女性セブンなどの有名週刊誌にも掲載されて

いるみたいなので、結構人気があるのかも?


もし私と同じ悩みを持っている方がいたら試してみては?

今なら半額で購入できるみたいですよ!

加齢臭対策なら無臭物語ジェントルエッセンス

posted by シニアゴルファークマ at 16:05 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

体重移動がゴルフ上達のキモ?






あなたはひょっとして、こんな悩みを持っていませんか??



 クラブを最新式のものに変えたのに、 スコアが全く伸びない ・・・


 ドライバーは飛ばせるのに アイアンはミスが多い ・・・


 アイアンは得意なのにドライバーでいつもスライスしてしまう・・・


 一年前より上達している感じがしない・・・


 最近 体が固くなり、切れもなくなってきた ・・・


 中年 太りとともに ミスショットも多く、飛距離も落ちてきた・・・


 アプローチ でいつもたたいてしまう・・・


 全体的に ミスショットが多くて スコアを崩してしまう・・・


 ドライバーの飛距離がでない ・・・


 アイアンで 飛距離がでない ・・・


 スピンがかかる球が打てない ..........etc




はっきり 断言 します。

だからこそ 知っておいて欲しい のです!!




全ての上達のカギは・・・

“体重移動” が握っているといういことを!!



はじめまして、レッスンプロの 古山幹彦 と申します。

私は自分でゴルフスクールを運営し、レッスンプロとして

30年のキャリアがあります。




今まで、初心者からプロまで指導してきて、数々のクラブチャンピオ

ンも育ててきました。人を見ての育成には自信があります。


私がこのサイトを立ち上げた理由、それは・・・


頭にきているからなのです!

そう・・・私は怒っているのです。

なぜなら、

わざわざあなたの上達を阻み悩ませる情報が氾濫しており

価値の無いものに多くのお金と時間を無駄にしている人が

あまりにも多いからです!!

ツボを押さえることゴルフは簡単に上達でき、ゴルフの奥の深い

楽しさをもっともっと伝えたいのです!!


私はゴルフが大好きです。

間違いなく一生ゴルフをプレーし、教えていくと思います。



一時は、ゴルフのことは何でも極めたいという気持ちから

クラフトマンとして活動していた時期もあります。




残念ながら、現在のゴルフは完全に ビジネス色が強く

なってしまいました・・・・


「ダイナミックに飛ばすなら○○○・・・」

「狙い通りに飛ばせる○○○・・・」



いかに科学的な分析を元に飛ばせるドライバーなのか?

いかに最新の素材でコントロール性に優れているのか?


まさに、このクラブを使えば “鬼に金棒!” という表現で

色んなクラブがあらゆるところで宣伝されています。

しかし・・・

実際に、道具の進化に対してスコアはどれだけ

上がったと思いますか?


ほとんど変わっていないのです!

いえ、 下手をすれば以前より各個人の技術は明らかに

落ちたといえます!!




道具に助けられて誤魔化しがきく分、“スイングの質”自体は

退化してしまったのです!!


それだけではありません。

「こう打てば飛距離が伸びる・・・」

「こう練習すればスコアが縮まる・・・」

という書籍やDVDの数々・・・


本当にそれで上達するのだったら、次から次へと新しいものが

出てくるわけがありません!!


私は、このような いい加減な状況に、正直嫌気が差しています。



なぜなら・・・

ゴルフが上手くなるのに、お金をかける必要なんて全くないからです!!


大事な事なので、正直にお話します。

私はプロテストを30回以上落ちています・・・

正確には32回です!

年数にしたら16年。


私の記憶では日本で一番プロテストに落ちた人間です。

なぜ、それだけ落ちてもゴルフを止めないで続けてこれたのか?


それは、ゴルフが心の底から大好きだからです!!

その気持ちは、誰にも負けない自信があります。


やる気を失わずにチャレンジし続け、16年落ちても今こうして

プロとしていられる自分に誇りを持っています。


そして私はこの16年間があるからこそ、ゴルフの奥の深さや、

どう練習したらどうなるか?

どういう心理の時にはどういうミスを招くか?

どうスイングした時にどう飛ぶか?

どういうクラブがどういう特徴があるのか?


・・・など、本当に多くの大切なことを学びました。



これだけ多くの経験をしてきたからこそ・・・

これだけ、大きな壁につまづいて痛みがわかるからこそ・・・

教える事に関して絶対の自信を持っています!!



だからこそ、「合格したらレッスンプロになる」と

最初から決めていたのです!!


そしてレッスンプロとして30年・・・

11,027人をレッスン
してきて 痛感していることがあります。

それは・・・

基本ができているは一割以下。


しかも、全く見当違いの練習をして自分の苦手を克服し上達しようと

しています。



各自が良い情報・悪い情報をゴチャゴチャに含めた知識を豊富に

持ち過ぎており、「こうしなきゃ・・・ああしなきゃ・・・」という

思い込みがあなたの成長を大きく阻んでいます・・・




あなたが上達しない理由をはっきりと言わせてもらうのであれば

理由は2つあります。


1.練習の仕方が悪い(わかっていない)

2.“上達のツボ”を知らない


残念ながら、このたった2点のことを押さえていないばかりに

半年前の自分、一年前の自分と比べても上達している

感じがしない・・・と

苦しんだり悩んだりしている人が多いのです!



しかしなぜ、この2点を押さえることが出来ないのか?

それは実に意外なところに理由があるのです・・・
続きを読む
posted by シニアゴルファークマ at 16:24 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | スイング理論? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

ゴルフ研修生の話





ゴルフ研修生とは

ゴルフ場の寮を借りてグリーン刈やキャディなどを行い、
住み込みで働きながら空いた時間を利用してコースで
練習を行い、プロを目指すと言うものです。


私が働いていたゴルフ場にも、プロを目指す研修生は沢山いました。

そして、研修生同士では「ニギリ」と言うものを必ずと
言っていい程行ないます。

ニギリとは、お金を賭けてゴルフの勝負をする事です。


研修生の給料は非常に少ない為、
(私の働いていたゴルフ場では月5〜7万程度でした。)

新しいクラブを購入する資金や生活費等を稼ぎ出す為に
ニギリを行い、他人のサイフに喰らい付くのです。

当然私もニギリをやらされたのですが、私はそのゴルフ場で
1番下っ端の新人だった為に先輩研修生のカモにされ、
給料が無くなるまでニギリ代をむしり取られていました。


「このままでは潰されてしまう…」


そう感じた私は、ニギリで勝てるようになる為、
生活していく為に死に物狂いに練習をしました。

朝は誰よりも早くコースへ向かい、
夜は近くのゴルフ練習場の支配人の好意で
営業終了後に球拾いをする事を条件に、無料で練習させて頂きました。


「人の2倍…いや、3倍練習すれば上手くなるはず!」


そう信じて朝早くから夜の11時まで、狂ったように練習をしたのです。

しかし、必死の練習とは裏腹にあまり上達が見られず
先輩研修生のカモにされ続けてしまいました。


「何でこんなに練習しているのに上手くならないんだ!!」


悔しさのあまり血管が切れそうになりながらも更なる練習を
こなしましたが、一向に勝てる気配はありませんでした。


そんな毎日が2年も続き、私はある事に気付いたのです。


「よーく分かった。ゴルフに必要なのは努力じゃなくて
センスだね…」


ボロボロになった私はもうゴルフが嫌になり、ゴルフなんて
辞めてしまおうと本気で思いました…


続きを読む
posted by シニアゴルファークマ at 20:32 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スイング理論? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

横浜ゴム、PRGRブランドの女性用ゴルフクラブ「SWEEP」シリーズを発売

20070610_yoko1.jpg20070610_yoko.jpg横浜ゴムは、PRGR(プロギア)ブランドから、女性用クラブの新商品「SWEEP(スイープ)」シリーズを発売する。

発売するのは、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティクラブ、アイアン(いずれもヘッドスピード「M-30(30m/秒)」のモデル)、およびパターの計17本。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティクラブは6月10日から、アイアン、パターは7月14日から発売する。

「SWEEP」は、ヘッドスピードが30/秒以下の初・中級女性ゴルファー向けに開発され、女性に多い払い打ち(スイープ・インパクト)に対応して、番手ごとに飛距離が出せる専用設計を採用した高性能クラブという。

グリップは、親指の位置を示すマーク付きで、初・中級者が毎回正しく握りながらスイングできる「コーチング・グリップ」(ツアープロコーチ・内藤雄士氏監修)を装着したという。

またヘッド設計は、各番手ともボールが上がり、飛距離が出しやすい「低重心スイープヘッド」を採用。さらにシャフトは、自然にしなりボールをはじく「NEWスプリングシャフト」を専用設計したとのこと。

しかも、ファッショナブルで高級感のあるデザインを取り入れ、楽しく、華麗に、気持ちよくプレイできるクラブとなっている。

[小売価格]

ドライバー:1本5万400円
フェアウェイウッド:1本2万6250円
ユーティリティクラブ:1本2万3100円

アイアンセット(#5〜Swの8本):11万7600円
パター:1本1万4700円
(すべて税込)

[発売日]
ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティクラブ:6月10日(日)
アイアン、パター:7月14日(土)

●PRGR「SWEEP」の特長とスペック[PDF]

横浜ゴム=http://www.yrc.co.jp/



posted by シニアゴルファークマ at 21:58 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ブリヂストンスポーツのボール試打会

07bsball04.jpg昨日ブリヂストンスポーツさんのボール試打会に行ってきました。
試打会の会場は茨城県のイーグルポイントゴルフクラブで、マスコミ各社から約50人が参加しての大規模なもの。天候は曇りで、暑くもなく寒くもなく、風もないという絶好のボール試打日和でありました。


この日ラウンド試打したボールは、同社の新商品
「ツアーステージX-04R4」と
「スーパーニューイングLS330」の2機種。

ツアーステージX-01R4(以下X-01R4)は4ピース構造のスピン系ボール、一方のスーパーニューイングLS330(以下LS330)は、ディスタンス系のボールであります。


続きを読む
posted by シニアゴルファークマ at 16:27 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(4) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

久しぶりに練習再開

久しぶりに練習再開しました。

しばらくの間、腰痛で痛みが消えなくて憂鬱な日々を
過ごしていました。

年齢による筋肉の低下とパソコンに費やす時間が長いので
長時間座り続けることが原因ではないかと考え

・夜は10時で終了。

・1時間座ったら休憩時間を入れる。

・散歩はたとえ10分でもできるときに行う。

と決め、ただいま実行中です。

痛みが取れたため自宅での素振りは行っていましたが
練習場通いはお休みしていました。

昨日久しぶりに練習場へボールを打ちに出かけましたところ

続きを読む
posted by シニアゴルファークマ at 19:33 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | シニアの趣味ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

還暦ゴルファーへ

私もついに還暦になりました。(笑)

60歳が近づくにつれ、体が段々壊れて(?)来たみたいです。
特に、腰がすぐに痛むようになり、クラブを振るのが
怖くなる時があります。

いつもは冬場でも毎日欠かさず、練習場に通うのですが
チョットのことで腰が痛くなり今は冬休みに入っております。

イロイロなゴルフの資料に目を通していたら
坂田プロの「ゴルフ野生塾スペシャル」に50歳を超えてからの練習法」
がのっていましたのでご紹介いたします。続きを読む
posted by シニアゴルファークマ at 22:09 | 静岡 ☔ | Comment(1) | TrackBack(2) | スイング理論? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

韓国もゴルフブーム???

◆ ゴルフ場の年間利用者数、昨年は2千万人を突破

【ソウル5日聯合】韓国ゴルフ場経営協会が5日に明らかに
したところによると、昨年に全国250カ所のゴルフ場利用客は
1965万3359人で、前年の1776万6976人より
10.6%増えた。

軍が運営する18ホール未満のゴルフ場24カ所を除いて
算出したため、実際の利用者数は2000万人を
上回るとみられる。

 会員制ゴルフ場の利用者数は、前年比6.0%増の
1350万7219人、一般向けゴルフ場の利用者数は
22.3%増の614万6140人だった。

会員制ゴルフ場の経営指標とされる1ホール当たりの
平均利用者数は3761人で、前年比0.7%増に
とどまった。

昨年は、会員制ゴルフ場12カ所、一般人向けゴルフ場
22カ所が新たに承認され、一般向けゴルフ場への
投資意欲が強いことを裏付けた。

 1月1日現在、全国のゴルフ場は6373ホールで、
18ホールで換算すると354カ所あることになる。

会員制ゴルフ場は3591ホール、一般人向けゴルフ場は
1176ホールで、18ホールで換算すると合わせて
265カ所となる。 2007/02/05 16:10YONHAP NEWS

世界各国で韓国パワーが炸裂していますね。
男女とも世界のフィールドで活躍し、特に米国
の女子ツアーでは常に上位に並んでいます。

日本代表「藍ちゃんガンバレ!」応援してますよ!。
posted by シニアゴルファークマ at 20:24 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

天然芝の上で練習!

東国原県知事で全国区になった宮崎県のうらやましいゴルフ練習の
様子です。

◆目指せプロ フェニックスゴルフアカデミーが育成制度

宮崎でプロゴルファー養成―。

フェニックスリゾート(宮崎市)のゴルフ練習場
「フェニックスゴルフアカデミー」は、プロテスト合格を目指す
ゴルファーを対象に「ゴルフプロ育成研修制度」を創設した。

国内屈指の練習施設を使って1年間、充実したレッスンを受ける。
第1期生を28日まで募集し4月に開講する。

同アカデミーは天然芝のティーグラウンドを持つ350ヤードの
フェアウエーがあり、バンカーや起伏に富んだ練習グリーン
などを備える。

2002年のオープン以来、個人レッスンや長期滞在型など
アマチュア向けに8つのプログラムを提供してきた。

本格的にプロ養成に的を絞った同制度は、全国的にも珍しいという。

講師は同アカデミーに常駐している英国PGAメンバーで
一流プロのコーチも務める鶴見功樹氏(40)。

本県出身で昨季の賞金女王となった大山志保を育てた
ことでも知られる。

 問い合わせは同アカデミーTEL0985(38)1210。

一度フェニックスでゴルフをしてみたいです。
出不精の私には夢かな?。
posted by シニアゴルファークマ at 15:28 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

縦振りか、横振りか?

水に濡れたタオルを水切りで絞る時、横絞りが最善か、
縦絞りが最善かを考えてみて頂きたい。
縦絞りの方が水を切りやすいはず。そして絞りやすくもある。

人間の体、横に振った方が捻転力を増すか、縦に振った方が
捻転力を増すかと言えば、下半身が固定されやすい分、
縦振りの方が捻転の力を増すものだ。

横に振れば腰から下も回って行く。
故に体は回るが回った程に捻転力が生まれてはいないのです。

飛球線と肩の結ぶ斜めの面に腕を振って行った時、捻転筋は
十分にねじれて行くものだ。
地面に平行に横に振るよりは遥かに捻転の力を生んでくれる。

厳密な事を申せば、人間の体で縦振りは出来ない。
出来るのは斜め振りと横振りであるが、縦に近い斜め振りの方が
捻転の力を持つのです。

アドレス態勢からバックスウィング始動した時、両肩が
地面に水平に回って行けば、スウィング中のどこかで修正が
必要となるものだ。

球は斜め下にあり、両肩、両腰を水平にして腕だけを斜めに
振って行けというのであるから、どこかに動きの矛盾は生じる。
その矛盾を調整するのが関節であるが、老いる程に調整は
難しくなって行きます。

関節の硬化です。

飛球線後方のスウィング写真を見て頂ければ分かる。
インパクトの時、右肩位置はアゴの下。水平に肩を回すのであれば
アゴの下には来ないはず。

心配する事はありません。

プロ、アマ問わず、ゴルフされる方総て、真横振りは
していないのです。

球は斜め下にあるのだから、斜めに振って行くは当然。
横に振れ、と教えるは感覚指導であって、実際は斜めに
振られているものだ。

アドレス時、上体は前傾している。
斜めに振りやすいがための前傾であって、真横に振るのであれば
前傾の必要はない。

腕だけ斜めに向いていればいい。

だが、腕力だけでは飛ばない。
捻転を作りたい。
故に斜め振りが必要となり、前傾するのです。

バックスウィング時、左肩を真横に回して行けば、
そして腕も真横に回して行けばそのスウィングの
トップ位置右肩位置よりも低い位置となろう。

誰もそうなっていない。
斜めに体を回している証し。

貴兄の心配は杞憂である。
最近の傾向と貴兄は言うが、100年前からゴルファーは
体を斜めに回しています。

狭いスタンス程、鋭角性を持つ斜め回しであり、
広いスタンス程、斜め回し角度が鈍っているスウィングに
なって行く。

広いスタンスの方は横に回せと教えるし、
狭いスタンスの方は縦振りせよ、と教えるが、
どっちも間違ってはいません。

ただ、感覚的なレッスンであるだけの事。

人の体、ボールが斜め下にあるのだから斜めに体を回して
行くものでしょう。

縦も横もない。飛球線後方より眺めた時、スウィング弧は
斜めであり、腕も斜めに動き、、背骨も斜めの角度で
位置取りしている。

その程度が大きいか、小さいかだけです。

坂田信弘ゴルフ野性塾SPより引用

この解説を読んでいて納得できました。
私の初期のスイングは全くの横振りイメージで、テークバックでは
肩・腰同時に回転していました。

両脇を絞めているために回転に伴いクラブもインサイドに引かれ
両脇が開かなかったので(手が上がらない)低いトップで
打っていました。

この頃はプッシュボールかひどいフックボールのどちらかでした。

横振り、タテ振りなどはその人のイメージだけで実際は坂田プロの
言われるとおり、斜めタテ振りだと納得!
posted by シニアゴルファークマ at 20:07 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | スイング理論? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。